<< 不妊治療サポート>>

体外受精(IVF)は高額で、心身ともに女性への負担がとても大きいものです。そして多くの場合、妊娠に至るまでに 2回以上の体外受精が行われています。

 

Mercier Therapy は、赤ちゃんを授かる子宮の状態を最適な状態にすることで妊娠率を劇的に高めます。体外受精を検討されている場合、Mercier Therapy を体外受精前に開始し、排卵誘発剤を使用する前までに完了するようにします(体外受精のサイクル中には行いません)。

 

体外受精前にMercier Therapy を受けることで、子宮や卵巣を含めたからだとこころの準備を整えることができます。 体外受精前にMercier Therapy を検討されている方は、セラピーの効果が最大限引き出され、両者が同時進行とならないようにしっかりとスケジュールを立てください。

 

~~~ご存知でしたか?~~~

体外受精は大変高額な上に、女性ホルモンを薬により人工的に操作するため、女性への身体的・精神的負担は計り知れません。高額であるがゆえに、選択肢として検討できないカップルも多くいらっしゃいます。 そして金銭的めどがつき治療を受けたとしても、必ず妊娠するという確約はどこにもありません。事実、アメリカでの体外受精による妊娠率は平均約29%。実に10人中7人が妊娠に至っていないのです。そして、この場合のカップルの苦痛は計り知れません。

 

Mercier Therapy 考案者である メルシエ博士による4年による研究では、Mercier Therapy を終了した後 1年以内に実に83%の方が妊娠しました。 一方、体外受精による妊娠率は平均29%、出産率は22.4%に留まっています。

(ここで言う Mercier Therapy は、計6時間の腹部マッサージによる子宮内臓器のメンテナンスと、サプリメント等による穏やかなホルモンバランス調整のことです。)

 

<参考; www.drjennifermercier.com>